福島県浪江町を伝える地域メディア

買う

うけどんで、繋がるコミュニティを目指して

浪江町イメージアップキャラクターのうけどん。浪江町そして「うけどん」をこよなく愛する工房Kippajiのオーナー佐藤さんご夫婦を紹介します。

続きを読む

一輪を大輪に丁寧に、大切に。花を育むように、人も育む浪江町。

浪江町フラワープロジェクトの一員として、花づくりに取り組む菅野富美恵さんをご紹介します。

続きを読む

これが新しい浪江式!浪江のご当地調味料をご賞味あれ

浪江町の事業者の手によって新しい浪江式商品が開発されました。今回は事業者さんの思いが込められた渾身の商品をご紹介します。

続きを読む

東京都庁に浪江町がやってくる!見て楽しい聞いて味わう「なみえまち まるしぇ」

東京都庁での浪江町観光PR「なみえまち まるしぇ」。町の特産品を販売します!

続きを読む

なみえの特産品を東京都庁でお買い物!

6月21日から22日の2日間、東京都庁にて浪江町の特産品販売イベント「なみえまちまるしぇ」が開催されます。この機会にぜひ浪江町の特産品をご覧ください。

続きを読む

【買う】日本酒好きにオススメ!酒を3倍楽しむ名器 〜松永窯4代目が語る、新スタイルの大堀相馬焼IKKON〜

大堀相馬焼といえば、どんな器を思い浮かべるだろうか。
「薄緑色の器、全体にひび、馬の絵柄、底が2重」
以前のなみえまるみえでもご紹介した、こんな器を思い浮かべるのではないだろうか。

今日ご紹介するのは、そんな大堀相馬焼のイメージを覆す、こちらの器だ。

続きを読む

浪江の祝い酒「磐城壽」で再び始まる酒造り

浪江町で酒蔵を構えていた鈴木酒造店が震災後に山形県長井市にて営業を再開しています。浪江で作るお酒と長井で作るお酒。2つの祝い酒が多くの人々を魅了します。

続きを読む

今日も真っ直ぐに。石井絹江さんは「えごま油」と共に故郷の復興を目指す

ご夫婦で営む石井農園。陽射しを浴びて輝くエゴマが再び浪江の青空を埋め尽くす時を目指して、今日も真っ直ぐに故郷の復興へ突き進んでいきます。

続きを読む

なみえ焼そば ふとっちょ麺物語 めんの旭屋3代目ご主人を訪ねて

なみえと言えば、なみえ焼そば!福島県内の駅の売店でこのパッケージを見たことはないだろうか?このお土産や家庭用のなみえ焼そばの麺を作っているのがこちら!めんの旭屋さんである。その3代目ご主人 田河朋裕さんご夫婦を突撃レポート!なみえ焼そばに纏わる面白エピソードを聞いてきました。

続きを読む

9/21,22 浪江名物を東京都庁でゲットだぜ!

都庁2階全国観光PRコーナーにて開催されるのは、その名も「なみえまちまるしぇ」。浪江町の紹介はもちろん、浪江の名産品がその場で買えます!中でも是非浪江町を知らない人に手に取っていただきたいのは、「大堀相馬焼」という浪江伝統の陶器。表面には青ひび、模様は「走り駒」と言われる疾駆する馬、さらには特徴的なのは二重焼!なんと、器が二重!なので冷めにくいという利点があり、これからの季節にはうってつけ!お茶に熱燗に秋の夜長を存分に楽しめる器です。

続きを読む