福島県浪江町を伝える地域メディア

9月30日は「ふたばワールド2017」で、
浪江のWONDERなYOSAKOI踊りを楽しもう!

9月30日は「ふたばワールド2017」で、
浪江のWONDERなYOSAKOI踊りを楽しもう!

年に一回、一日限りのイベント「ふたばワールド」

浪江が位置する福島県双葉郡。その双葉8町村の趣向を凝らした芸能や物産を一度に楽しめる年に一回、一日限りのイベントが「ふたばワールド」です。8町村持ち回りのこのイベント、今年は9月30日に富岡町で開催されます。
昨年は双葉地域からだけでなく、県内外から6,500人もの多くの方が来場し、賑わいを見せました。今年も各町村から多くの出展があり昨年同等、それ以上の来場を期待していますが、浪江町からも芸能団体のパフォーマンスやPRブースで盛り上げます。

必見!YOSAKOI演舞の「Wonderなみえ」

ふたば伝承隊と称したステージイベントでは、各町村からの芸能パフォーマンスが繰り広げられます。浪江町からは「浪江町相馬流れ山踊り保存会」によるパフォーマンスと、まち・なみ・まるしぇでも演舞した「Wonderなみえ」がYOSAKOI踊りを披露。

ここでは、Wonderなみえについてご紹介します。Wonderなみえは、2000年3月に結成され、現在は8名ほどのメンバーで活動中。今回は福島への「回帰」が演舞のテーマ。浪江では馴染みのある請戸川に鮭が数年かけて戻ってくることをイメージしたストーリー性のある舞台を楽しめます。特に中盤以降、花組から男組に踊りが切り替わるところは見逃せません。

また、特徴的な青と赤の衣装にも注目。青は浪江の海と川、赤は大堀相馬焼をイメージ。鮮やかな衣装と浪江のことを重ね合わせながら当日の演舞を見ることで、浪江をより身近に感じることができるでしょう。

Wonderなみえを率いる深谷美徳さんは、「今回、少ないメンバーではありますが力を込めて踊ります。たくさんの元気を皆さんに届けたい。」と当日に向けての思いを語っています。

浪江町タブレットキャラクター「うけどん」に会える!

浪江町で各世帯に配布しているタブレット端末。そのキャラクターが「うけどん」です。うけどんは、請戸川の鮭の帽子、いくらの髪の毛、大堀相馬焼のどんぶりに入った小さなお米の妖精です。照れ屋な性格ですが、特技が豊作のおどりという意外な一面も持っています。子どもたちにも大人気。ぜひ会場に会いに来てください。

ふたばワールド2017inとみおか開催概要

1開催日時
 平成29年9月30日(土曜日)10時~15時(雨天決行)
2場所
 富岡町立第一小学校・第一中学校 校庭(富岡町小浜中央237-1・2)
3イベント内容
 ・ステージパフォーマンス(地域の伝統芸能、ふたば復興応援ライブ等)
 ・来場者体験工房 (来場者無料体験型企画)
 ・ふたば地方なう。(関係機関・団体の取組展示・PR)
 ・ふたばの“大鍋”プロジェクト(1,000食無料配布)
 ・ふたば地方復興商店街(双葉地方の商工業者等による飲食・物販)
 ・おだがいさまショップ(県内各地のソウルフードショップ)
 ・夜の森さくらロード(バルーンで再現した夜の森の桜や、富岡町の歴史が分かるパネル等展示)
 ・スポーツアトラクション(スポーツ能力測定、サッカー、バドミントン、スナッグゴルフ、ふわふわ遊具等)
 ・とみおかミニツアー(富岡の「今」を探索するツアー)
 ・とみっぴースタンプラリー(回遊と交流の促進)
 ・ロードトレイン(会場内周遊ミニ電車)
 ・来場者バスツアー『ふたばへGo!!』(県内外発着の無料送迎バス)
4参加費
 入場無料
5問い合わせ先
 「ふたばワールド2017」実行委員会事務局
  電話  0240-22-3333 
  FAX   0240-22-4076
  E-mail fukko_s@futaba-koiki.jp

他の記事を読む