福島県浪江町を伝える地域メディア

8/12,13開催 7年ぶり!帰って来たなみえ夏祭り!
~7連発で上がる尺玉の花火を見に行こう~

8/12,13開催 7年ぶり!帰って来たなみえ夏祭り!
~7連発で上がる尺玉の花火を見に行こう~

来るなら今年!7連発の尺玉が上がる!夏祭りフィナーレ 全700発

〜東北を、日本を、花火で、元気に LIGHT UP NIPPONとタイアップ

今年の春、避難指示が一部解除された浪江町で、7年ぶりに夏祭りが開催されます。浪江の夏といえば、盆踊りと花火が定番だったとか。でも、7年ぶりに帰って来た今年の夏祭りはひと味違う!7年ぶりを記念した7連発の尺玉!700発の花火が上がります!相双地域で7連発の尺玉が上がるのは、なみえ夏祭りだけだとか。高瀬川沿いから打ち上がるスターマインや尺玉が、息吹を取り戻した浪江町を照らす。7年ぶりのなみえ夏祭り、7連発の尺玉は今年限り。まさに来るなら今!とっておきの夏のイベントです。2日間開催されるなみえ夏祭りのテーマは「笑夏(しょうか)」。「笑いが起こるところに、人が集まり、つながりが生まれる」そんな信念と願いが込められた企画が盛りだくさん。

7年ぶりに復活!川添芸能保存会による盆踊り

毎年、川添地区の家々をまわり神楽を奉納していた浪江町の「川添芸能保存会」は、被災以降、活動を休止していました。「浪江の伝統文化を取り戻したい!」と有志が集まり、2014年活動を再開。2015年元旦には仮設住宅をまわって神楽を奉納、2016年元旦には新たな仲間も加わり、徐々に活動の輪を広げています。そんな川添芸能保存会による盆踊りは今年がはじめて!7年ぶりの浪江の夏を一緒に踊りましょう!

屋台村で楽しむ!

B-1グランプリ優勝の”浪江焼麺太国”のなみえ焼そばと銘酒「磐城壽」で一杯

夏祭りといえば屋台も楽しみのひとつ。なみえ焼そばも健在!「何事も馬九行久!(うまくいく)」が合言葉のなみえ焼そばを食べて、今年の後半戦を祈願しましょう。美味いのは食べ物だけではありません!浪江町のお酒として有名な「親父の小言」や山形で再開した鈴木酒造さんの銘酒「磐城壽」も飲めます。お土産には、流行りのえごまドレッシングがオススメ。福島市で農業を再開した石井農園さんがつくるえごまは、農薬・化学肥料一切なし。その場で食べられるかぼちゃ饅頭など、懐かしの味と言われる名物も楽しめます。

イベントスケジュール 

なみえ焼きそば、石井農園の直販も楽しめる屋台村

・なみえ焼そば
・石井農園直販
・ピザーラ移動販売
・各キッチンカー
・各種露店・縁日
・タレントグッズ販売
・消防・救急車体験
・浅草パンダカー(13日のみ)

アクセス方法、駐車場について

■会場
浪江町役場正面駐車場特設会場(福島県双葉郡浪江町大字幾世橋字六反田7-2)

■アクセス
<電車でおこしの方>
・東京方面から:東京駅から東北新幹線 → 仙台駅下車 → 常磐線浪江駅下車 徒歩10分

※浪江発東京行きの最終電車のご案内
浪江19:09発 東京 23:04着(こまち38号)

<お車でおこしの方>
常磐自動車道浪江ICから約10分
※国道114号を利用し、浪江町内の帰還困難区域を通行する場合は、通行証が必要です。こちらをご覧ください。

<駐車場のご案内>
浪江町役場北側駐車場および御殿南職員用駐車場

他の記事を読む